復職デイケアについて

復職(リワーク)デイケアは「はたらく人」のための復職支援プログラムです。
リワークとは「return to work」の略で、主にうつ病やうつ状態などで休職している方が職場復帰することを意味します。リワークプログラムは、スムーズな復職を支援するプログラムです。うつ病やうつ状態での休職は、病状が快復したと思って復職しても再発して再休職、あるいは退職するケースが多く見られます。しかし、リワークプログラムを受けることによって、再休職率が低下するという研究報告があります。

こころのクリニックが提供するリワークデイケア

【休職中の患者様の想い その①】
復職しても少し経つとまた症状が出てきて休むことが続いている。休むことなく仕事に通えるようになりたい。

【当院リワークデイケアの特徴 その①】
復職だけではなく、継続して働けるようになることを目標にしています。

リワークデイケアでは職場復帰だけではなく、継続して仕事に行けることを目的としたプログラムを構成しています。これまでの職場での出来事の振り返りや、ストレスへの対処方法のトレーニング等を行います。プログラムは公認心理師や作業療法士、看護師などの専門スタッフが担当しています。

自分の事を知り、仕事を意識して活動することを通して、復帰後も仕事への意欲を継続させる力やセルフマネジメント力の向上と目指します。

【休職中の患者様の想い その②】
家にいると復職後のことについて1人で考え込んでしまう。

【当院リワークデイケアの特徴 その②】
チームで復職を目指すことがあなたの回復を後押しします。

自宅に1人でいるとどうしても不安な気持ちになりがちなものです。リワークデイケアには復職を目指している仲間がいます。同じような症状や悩みを抱えている方たちと、ともに悩み、相談できる環境は復帰に向けてのエネルギーになりますし、良い刺激をもらえます。また、専門の担当スタッフもつきますので復職にあたっての不安なことを相談できますし、スタッフ面談が考えを切り替えるきっかけになることもあります。

【休職中の患者様の想い その③】
産業医面談や復職面談など、復職に向けて何をしていけば良いのか分からなく不安だ。

【当院リワークデイケアの特徴 その③】
スリー・ステップ制と個別面談で1歩ずつ復職に向けて取り組めます。

リワークデイケアは復職に向けてのスリー・ステップ制を採用し、復職に向けて順序だてたプログラムを提供しています。また、復職にあたっては職場との連絡においても様々なプロセスが必要です。個人面談のなかで復帰に向けて次に何をするべきか、しなければいけないかを考えるサポートもしています。

【休職中の患者様の想い その④】
上司や産業医から勧められて初めてリワークデイケアの存在を知った。通院してどんなことをするのか分からなくて心配だ。

【当院リワークデイケアの特徴 その④】
リワークデイケアは疑似オフィスです。実際の職場や仕事を想定したプログラムや雰囲気になっています。

どんなところか不安を抱えながらお電話を頂くこともあります。しかし見学頂いた後には、スタッフも明るく丁寧で部屋も綺麗でクリニックというイメージがなくなったというご意見を多くいただいています。

当院のリワークデイケアは仕事を意識して通っていただくことを大切に考えています。従いまして、リワークデイケアの雰囲気や施設もオフィスで働くことを意識したものにしています。プログラム内容も余暇的なものではなく、実際の職場や仕事を想定したものを中心に構成しています。

  • 作業能力向上
  • 再発予防
  • 体力回復
  • コミュニケーションの促進

また、規定参加率をクリアすることでステップアップする「ステップ制度」を導入することで、働けるペースを徐々につかむことができます。

成果の視える化

「どれくらいトレーニングが出来ていたのか分からない」という企業担当者様の不安に応えるため、復職支援デイケアプログラムの出席状況や作業能力の回復の程度等、開示できる範囲でのトレーニングのアウトカムをご提示しております。

※治療状況は個人情報であるため開示には制限をかけさせていただく場合があります。また、アウトカムはあくまでもトレーニング結果であり復職の成功を100%保障するものではありません。

ご利用にあたって

  • リワークデイケアをご利用いただくためには主治医の許可が必要です。
  • 他院通院中の方は主治医による指示箋と診療情報提供書が必要となります。
    →指示箋ダウンロード
  • ご利用前にプログラムの見学とご説明をさせていただきます。